のほほんメディア

日々の生活で思ったことやお役立ち情報を,のほほんと発信するブログです。

勉強

【上智大学受験ガイド】上智の英語対策!!気になる合格点は?

投稿日:2016年12月9日 更新日:

Pocket

 

 

 

 

 

 

 

 

長らく早稲田・慶応に追随する「私立大学のナンバー3」といえば、上智大学である。上智大学といえば、充実した語学教育による国際的なイメージ。それから、都心からのアクセスが抜群に良い四谷キャンパス。そして、女子の生徒数が多く、その華やかなイメージが上智大の魅力である。

 

そんな上智大学の入試のカギを握るのは紛れもなく「英語」である。

 

現在の大学受験では英語の比重がとても重く、英語ができないとどの大学でも苦戦してしまう。そんな中でも上智大学の入試は英語をかなり重視しており、受験生の感覚で言えば、「英語ができれば合格できる大学」と言っても過言ではない程だ。

 

逆に言えば、英語ができなければ上智の合格は不可能だ。上智の英語は配点も大きいし、国語や歴史はクセの強い問題がよく出題されるので、国語や歴史で英語をカバーするのは難しい。

 

むしろ、国語や歴史がたとえできなくても、他の受験生も同じく苦戦するはずなので、英語が得意ならば十分戦えるということだ。

 

英語を得意科目にして万全の体制で上智大の入試に臨むのがベストだ。

 

今回は上智大学英語対策として、勉強法やオススメの参考書などを紹介したいと思う。上智大を第一志望とする受験生だけでなく、上智大を滑り止めにする早慶志望や国立志望の受験生にも参考にしてもらえればと思う。

 

早慶受験を考えているなら、【現役慶應生が教える】早慶上智に受かる英語の勉強法の記事も参照して貰えればと思う。

 

 

1.英単語編

上智大の英語の何が難しいのかといえばまず「単語」が難しいのだ。上智大で出題される英単語は、一般的な英単語帳の最後の方に載っている、いわゆる「難単語」がバンバン登場する。こういった英単語まで潰さなければ高得点を取るのは難しいだろう。

 

上智大学の問題には英単語の意味を直接問うような問題も少なくない。むしろ英単語を覚えきることでこういった問題を得点源にすることができる。

 

オススメの英単語帳はシステム英単語だ。

 

 

実は私が受験生だった頃に使っていた英単語帳は、このシステム英単語だ。

 

夏休みが終わった頃に、上智大学の入試問題を解いてみたが、なかなか難しくて落胆したものだ。しかし気を取り直して、まだ覚えきれていなかったシス単の4章の難単語部分を覚えきった。そのあと上智大の問題に再び挑戦してみると、打って変わってスラスラ解けるようになっていたのだ。

 

上智の英語の攻略の第一歩はシス単の4章まで覚えきることだ。もちろん、同じレベルの単語帳であれば構わないが、確かなデータにもとづいて頻出度順になっているシス単は、数ある単語帳の中でもおすすめだ。

 

2.文法問題

上智大の文法問題で厄介なのが正誤判定問題だ。その多くはネクステなど多くの受験生が普段使っている問題集や参考書の知識で解ける問題が多い。しかし、中にはそういったオーソドックスな問題集では対処できないような問題が出ることもある。

 

正誤判定問題を得意分野にしたいという生徒や、上智に絶対合格したいと考えている生徒はこちらの問題集がオススメだ。

 

 

大学受験の文法問題集としてはトップクラスになるかと思う。上智のほか、早稲田や東大の正誤判定問題対策として、密かに人気の問題集である。正誤判定の文法問題集は他にもあるが、上智の難問対策になるような問題集はわたしの知る限りこれだけだ。これを潰せば文法問題はほぼ満点が期待できるレベルになっているはずだ。

 

3.過去問演習

受験勉強に欠かせないのが過去問演習だ。

 

受験生はいわゆる「赤本」などを解いたりして対策するのが定番だ。上智を受けるとしても例外ではなく、過去問演習は必要になる。

 

こちらが上智大の赤本だ。上智大の傾向はオールマークで、長文や会話、文法などバラエティーに富んだ多様な問題が出題される。自分が受ける学部・日程をよく確かめて購入して欲しい。

 

 

普通は、赤本などの過去問題集を演習することだけオススメしておしまいだが、過去問演習の前にぜひ取り組んでほしい問題集がある。上智対策の素晴らしい問題集を見つけたので、紹介したいと思う。それがこちらだ。

 

 

この本の内容は、上智大の問題を分野別に集めて、さらに先生の解説つきというものだ。この問題集はなんと言ってもこの解説部分が素晴らしい。赤本のような、解答とぶっきらぼうな解説が一言、というような解説ではない。上智対策となる情報がてんこ盛りになっているのだ。詳しくはみなさんの目で確かめてほしいが、私はこの解説の丁寧さに感動し、上智対策はひたすらこの問題集をやり込んだ。

 

シス単で英単語を抑え、文法を勉強し、この問題集で上智の傾向を抑えたら、あとは過去問で時間内に解けるかを確認する、というのが上智対策の流れになると思う。

 

補足:スタディサプリをサプリメントとして使う。

 

受験生の皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。リクルートグループが提供している「【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服」である。

 

別の記事でも紹介しているのだが、実は、何を隠そう、わたし自身も現役時代このスタディサプリにお世話になっていた。わたしは予備校に通って勉強していたため、そちらでの勉強がメインだった。やはり予備校で同じ目標に向かって進む仲間と一緒に勉強したり、チューターさんに色々な悩みをすぐに相談できる環境はありがたかった。

 

一方で、予備校の授業では痒いところまで手が届かないことがある。

 

例えば、他の文法は一通り理解できたが、仮定法だけがイマイチ分かっていないとする。しかし、授業はどんどん次の文法項目へと移っていってしまう。学校でも予備校でもカリキュラムがあるため、自分がマスターできていない授業だけをもう一回聞くことはできない。

 

そこで「【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服」である。ここで文法の授業を選び、仮定法の授業だけ見てしまうのだ。予備校レベルの授業を見ながら「ひとり補習」ができてしまうのだ。こういう風にしてわたしも苦手分野だけスタディサプリで補っていた。

 

上智を目指すならば、英語が苦手では合格はおぼつかない。上記に挙げた参考書以外にもこうしたアプリを上手く使いながら偏差値を上げていこう。



 

上智大の合格点

最後に、上智の合格最低点の話をして終わりたいと思う。

 

これは多くの受験生が気になるところだが、残念ながらあらゆるデータを調べても上智の最低合格点は外部の人間にはわからない。というのも、上智の入試は得点調整がなされるが、その調整方法が非公開なのだ。したがって、上智の合格最低点は誰にもわからないというのが実情だ。

 

しかし、過去の受験生の自己採点や感想と、その合否を照らし合わせれば、ある程度合格最低ラインが見えてくる。

 

私が色々な媒体でリサーチしたところ、概ね「英語が7割」といった感じだ。つまり150点満点のテストで105点くらい取れていればギリギリ合格といった感じだ。上智の英語に関しては難易度が大きく上下することはないので、このラインを一つの基準にしてもらえればと思う。

 

社会に関しては、毎回難易度が大きく異なり、合格者の多くが8割程度取れるのではないかと思うような簡単な時もあれば、偏差値70でも7割取れるか怪しい、というような難問だらけの回もある。得点調整で大きく点数が変わりそうなので、何点取ればいいと言うことはできない。国語に関しても、回によって、「各予備校の解答速報の解答がバラバラ・・・」というような事態がよく起こるので、自分が何点取れているのか全く未知数である。

 

結論としては、正確な合格最低点は外部の人間にはわからないが、概ね英語が7割というのが目安である。そして、他の科目については得点調整の幅が大きそうなので、なんとも言えない。ということになる。

 

【参考記事】

TOEIC勉強法は「基本3パターン」スコア900点も夢じゃない

【英語勉強法】MARCHを狙え!この5冊の参考書で偏差値60に

記事下(左)




記事下(左)




-勉強

執筆者:

関連記事

大学受験に予備校はもういらないのか?予備校のメリット・デメリットについて考えてみる。

    大学受験を考えているなら、まずまっさきに思い浮かぶのが予備校に通うことだ。予備校で一流の講師の授業を受ければ難関大に合格できる可能性は高まると考えるのは自然なことだ。 &n …

戦国のスーパースター!織田信長を10分で知る

  織田信長。日本の歴史上で最も有名な偉人かもしれない。   しかし、いざ「織田信長の功績は?」と聞かれて、パっと答えれる人は意外にも少ないのではないだろうか。確かに、徳川家康のよ …

【現代文勉強法】国語が苦手な人こそ記述問題!?偏差値を確実に上げる勉強法

  私の場合は、受験科目の中でいち早く偏差値が高く安定したのが現代文であった。   しかし、実際多くの生徒の話を聞けば、「現代文はセンス!」だとか「現代文は若い頃の読書量」など、受 …

TOEIC勉強法は「基本3パターン」スコア900点も夢じゃない

転職・キャリアアップ・就活・大学受験・AO入試等、様々なシーンで活用できるTOEIC。英語学習の世界でTOEICが流行って久しいが、TOEIC勉強法は次から次へと新しいものが登場し、我々英語学習者は目 …

【中学生向け】高校受験に向けた英語のおすすめ参考書と勉強法

わたしは家庭教師として生徒さんに英語を教えており、高校受験を控える受験生に英語を教える機会がままある。その経験の中で、どうやったら高校受験に立ち向かえるだけの英語力が付くのか、どんな問題集をこなしたら …