Media of nohohonn

日々の生活で思ったことやお役立ち情報を,のほほんと発信するブログです。

opinion

「オレは高橋まつりさんより働いている」という学校の教員

投稿日:2017年1月1日 更新日:

Pocket

 

先日、私が通っていた高校の先生に久しぶりにお会いした。昔話や世間話に花を咲かせ、楽しいひと時をすごしたわけだが、教員という職業に興味があった私は、教員の仕事についてあれこれ聞くことにした。

 

超ブラックな教員の長時間労働

先生は快く、教員になってよかった点を色々と話してくれた。教員が比較的楽しい仕事だと思うのは、毎日毎日同じ仕事の繰り返しではなく、日々成長していく生徒たちと触れ合う仕事だからだと思うと言っていた。確かに、仕事の多くは高校生たちとの関わりであるから、子どもの成長を見るのが好きであれば、この仕事はいいかもしれない。

 

それから、部活を持つと生徒たちと一緒に運動することになるから、健康にいいかもしれない、とも語ってくれた。確かに、デスクワークが主だと必然的に運動不足になるが、運動系の部活の顧問なら、運動不足になることはないかもしれない。

 

その一方で、教員の大変さを半ば愚痴のような形で語ってくれた。保護者の対応が大変だとか、なんで命を預かる医師や薬剤師は免許更新がないのに、教員だけ免許を10年に一回更新しなければいけないのか。など、色々話してくれたが、一番驚いたというか、衝撃だったのが、タイトルの通り、高橋まつりさんより働いている、という話だ。

 

高橋まつりさんとは、多くの方はご存知だと思うが、過労から自殺に追い込まれ、亡くなられた、電通で働いていた若い女性だ。彼女のツイッターによれば、会社に1日20時間もいたこともあるようで、電通の長時間労働の体質が社会問題として多くのメディアに取り上げられた。

 

高橋まつりさんの残業時間は月に100時間を超えていたと報道されているが、先日お会いした先生の残業時間はそれを超えているそうである。

 

最近は教員の労働環境についてネットで話題になることも増えてきたが、改めて教員の労働時間の長さはブラック企業のそれを超えていることが多い。

 

部活を持つ先生は、授業が終わった放課後はもちろん、土日も顧問として出勤しなければならない。ネット上でたびたび指摘されているように、土日祝日の部活指導でもらえる給料は大学生のアルバイト以下の場合がほとんどだ。その上、大会や練習試合などの時の交通費は自腹のことが多い。大会の会場が遠い時は前日に前のりして、ビジネスホテルに泊まることもあるようだ。もちろん宿泊費は自腹になる。

 

日本社会の問題としての長時間労働

亡くなった高橋まつりさんより教員の方が長時間働いていることを伝えるためにこの記事を書いたわけではない。電通で働くことと、学校現場で働くことのどちらが大変かを比べることも意味がないと思うので、これも考えるつもりもない。

 

要するに、民間企業も学校現場も、おそらく日本中のあらゆる場所でこの長時間労働の問題が存在している。近年、様々な報道によって、だんだんと浮き彫りになってきた日本社会にはびこる長時間労働の問題。国民の祝日を新設したり、プレミアムフライデーを導入するなど、長時間労働の改善の試みは様々な角度からなされている。

 

日本経済にとって当面の課題は、「弱い国内消費」と「少子化」の二つだと思う。政府は国内消費を活性化するためにこれまでに数え切れないほどの対策を打ってきた。また、少子化問題は日本の存続が危ぶまれるほどの大きな問題で、少子化担当大臣というポストまである。

 

長時間労働がなくなれば「弱い国内消費」と「少子化」が解決するとは言わないまでも、少なくとも長時間労働がこの二つの問題をさらに悪化させてる気がしてならない。

 

この長時間労働問題をなんとか緩和できないものだろうか。

-opinion

執筆者:

関連記事

映画鑑賞するなら?映画館派vs自宅派

  「映画見に行かない?」   こんな風に友人から映画に誘っていただく機会がたびたびある。大変ありがたいのだが、その度に、TSUTAYAで借りて見たほうが安く済むのではないか…と私 …

うまくいかない人間関係を明日から劇的に改善する2つの習慣

  誰もが人間関係は良好な方が良いと思っているはずだ。あらゆる人間関係が良好ならどれほど幸せだろうか。毎日好きな人たちと一緒に働き、好きな人たちに囲まれて暮らし、さらに愛する人との甘いひと時 …

【EF】短期語学留学!評判・効果と注意点

  春休み期間を利用してEFでの語学留学に行ってきたので、その体験をまとめておこうと思う。私自身はEFのサンディエゴ校に3週間滞在した。授業はジェネラルコースで、クラスはB2-2(これはテス …

自分の後悔から、20代が偉そうに10代にアドバイスしようと思う

「あの時の自分は、自分なりに良いと思って行動したんだから、後悔しても仕方ない。」と、自分は過去を振り返って後悔したりすることは比較的少ない方だと思う。でも20年以上も生きていると、「あの頃ああしておけ …